インスタグラムを始めました
2021.04.01

インスタグラムを始めました

shokinshoyuでインスタグラムを始めました。 醤油醸造にまつわるちょっと […]

詳細
2021.03.18

2020年11月から2021年3月の仕込みに使った大豆と小麦

大豆 富山県産のエンレイの入手が難しく、代わりとなる、高たんぱくの大豆も少ないた […]

詳細
2021.03.10

さいしこみしょうゆ2

左はさいしこみしょうゆ、右はこいくちしょうゆ   生揚を加えた仕込み水 […]

詳細
2021.03.04

夏季商品の「そうめんつゆ300ml」を3月より販売します。

商品名 そうめんつゆ 300ml JANコード 4906817000188 賞味 […]

詳細
夏季限定商品「冷奴のつゆ」の2021年の販売を休止します。
2021.02.04

夏季限定商品「冷奴のつゆ」の2021年の販売を休止します。

「冷奴のつゆ」は、鰹の本枯節とさいしこみしょうゆを使ったかつお風味のかけ醤油です […]

詳細

木桶仕込の醤油は熟成期間が長く、その間にいろいろな影響を受けて変化していきます。
正金醤油は、複雑な変化をなりゆきに任せるのではなく、
小さな変化にまで一つ一つ対応して味を積み重ねていくことが大切と考えています。

shopping
商品紹介

大豆を蒸し、小麦を炒って麹にし、桶の中で醗酵熟成させて搾る。
そんな昔から続く一つ一つの工程に、実直に向き合いながら、
繊細な味わいを生かし合う醤油を造っています。

shodoshima
醤油の産地「小豆島」

江戸時代に塩の名産地だった小豆島は、過剰生産になってきた塩に代わって醤油の醸造を始めました。
1800年頃から大阪に醤油を出荷し始め、1900年代に醤油の品質向上を目指して試験場を設立。
資本を集約して近代化を図ることで醤油産地として大きく発展していきました。
1970年代以降、醤油業界全体も生産性の向上や設備の近代化を図るなか、
小豆島は近代設備による醤油と、「丸大豆醤油」や「桶仕込み」などの
伝統的な醤油も同時に提案をしてきました。
現在でも20社の醤油会社が集積する醤油の産地です。